内科・耳鼻咽喉科・小児科・アレルギー科
はたファミリークリニック
〒230-0022
横浜市鶴見区市場東中町11-1
TEL: 045-508-1133(イイミミ)

アクセス

アクセス

クリニック案内

医院名
はたファミリークリニック
院長
畑 邦彦
住所
〒230-0022
神奈川県横浜市鶴見区市場東中町11-1
診療科目
内科・耳鼻咽喉科・小児科・アレルギー科
電話番号
045-508-1133(イイミミ)
お問合わせはこちら

花粉症

年々患者様が増加しています

花粉症はアレルギー性鼻炎です

花粉症はアレルギー性鼻炎です

日本国民の約25%がスギやヒノキ花粉症と言われています。 なんと日本人の4人に1人はスギやヒノキ花粉症であり、もはや国民病とも言われています。

ここ10年間で約10%も増えており、今後も増加する可能性があると考えられています。 

自然治癒(何も治療しなくて、自然にスギやヒノキに対するアレルギー体質が体からなくなってしまうこと)は少なく、数%と言われています。 

一度発症すると95%程度の方は毎年のようにスギやヒノキ花粉症に悩まされることとなります。

症状

症状

初めて花粉症を発症するとき、そのほとんどの方は突然発症します。

去年まで全く問題なかった方が今年3月くらいに突然、くしゃみ、鼻水に襲われます。

患者様がどれくらい花粉症の症状に悩まされているかを把握し、患者様それぞれのライフスタイルに合わせて治療方針を考えています。

初期療法

初期療法

初期療法の効果・利点

症状が出る時期を遅らせることができます
症状を軽くさせることができます
症状が終わる時期を早めることができます


花粉が飛散する前から治療を開始する方法です。

花粉を繰り返し浴びて鼻の粘膜が過敏になると、ごく少量の花粉でも強い症状が現われるようになり、薬を適切に使っても改善させるのは徐々に困難になってきます。

そこで、症状が出現する前から薬を服用して、鼻の粘膜が過敏になるのを抑え、症状をコントロールしやすくする初期療法が行われます。


初期治療の開始時期

初期療法の開始時期は、飛散開始予測日の1~2週間前頃が望まれます。

東京都の飛散開始予測日が毎年おおよそ2月10日ですので、基本的には1月末から2月初旬の間に初期療法を開始するとよいでしょう。